物の固定に必要部品|プロの仕事を支えるツール!足場はレンタルで安く利用

物の固定に必要部品

ネジとボルト

ボルトナットのすすめ

ある物を固定することを考えた場合、実に様々な方法があります。ねじ締結、接着、リベット等メジャーな締結方法がありますが、中でもボルトナットによる締結は非常に一般的な方法です。まず、対象物に貫通穴をあけそこにボルトを通し、対象物の反対側からメスねじの切ってあるナットをはめて締め付けていく方法です。この締結方法がよく用いられる理由としては施工の簡単さにあります。まず、普通のボルト締めの場合だと対象物にタップを立ててメスねじを切らなければいけません。一方ボルトナットの場合は単に貫通穴をあけるだけでよく、しかも穴径が若干大きくなったとしても問題なく締め付けることができます。また、ラチェットなどを使えば簡単に締め付けることができるのも理由の一つです。

締結時に工夫すること

ボルトナット締結の良いところは締め付け力を制御しやすい点です。トルクレンチと呼ばれるスプリングを利用して一定のトルクで締め付けられる工具を用いることで、対象物の固さに合わせて最適な力で締め付けることができます。緩みが心配な場合はスプリングワッシャーなどを用いてボルトが回らないように工夫してやるのが良いです。どうしても緩みが心配な個所については、マジックなどで合いマークを施して定期的な目視確認を行うことが確実です。なお、ボルトとナットで同じねじピッチのものを使用しないと締め付けることができませんので注意が必要です。ボルトかナットだけ入手したい場合は実物を持っていき、ねじピッチが合うかどうかはめて確認すると間違いが起こりません。またいまはネットでの購入も可能ですが、そのときもサイズ含めて細かく確認することが大切です。